上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現場では画面パタパタと切り替わっている「遅い」マクロがよく見受けられます。
"生産性"を優先するのであれば、業務で使用されるマクロはより高速であるべきです。
けれど、実際には意外と「処理の遅い」ものが使われていることが多い。

それはなぜか?

その大きな理由としては"実行していることに対する安心感"が考えられます。
高速に処理が行われることよりも、「あ、やってる。やってる」という処理が実行されていることに対して
安心できるほうが満足度が高いのです。

マクロの処理を信用できない人は特にその傾向が強く、人によっては実行後に正しく処理が行われてたか
全てのセルを値を目で確認するほどです。

しかし、それはマクロを使うことに対する効果が半減してしまいます。
実行後に処理結果を確認することはもちろん大事ですが、マクロを使用する本来の理由は、
作業を素早く、ラクに処理する処理することのはずです。
確認の為に本来の作業と同じ時間を消費していたのでは意味がありません。

では、どうすればよいか?

実際の処理以外の方法で、処理が実行しているを見せる。というか1つの手段として考えられます。
例えば、画面更新は止めてステータスバーやフォームで処理状況を表示したり、処理のステップに合わせて
画面更新を行って実行状況を随時ユーザーに見せるという方法があります。

画面が切り替わる様を隠す代わりに、メッセージやフォームで「正常に実行していることをマクロに申請
させる」のです。



※今日のアップデート他は夜に書く記事にて。
 →Firefoxに関する記事を書く予定です。

Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

openclose

カテゴリ一覧

そま宗助

  • Author:そま宗助
  • タイ生まれのちょっと変な?日本人。
    農学博士の父とブラジル日系1世の母の間に生まれたため、普通の日本人とはちょっと違う視点で世界を見つめる男。

    最近、勉強会やカンファレンスにちょいちょい顔出ししてます。

    読書週間継続中?

    ストレングスファインダー
    1.収集心
    2.学習欲
    3.共感性
    4.指令性
    5.運命思考
プロフィール

※注意書き※
当ブログに掲載されているJavaScriptの動作確認はFirefoxでのみ行っております。他ブラウザでの動作に関しては保障できませんのでご注意ください。






1キロバイトの素材屋さん
フリーエリア
FC2カウンター

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。