上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インターネットはよく仮想現実だと言われる
時にオンラインゲームやチャットが顕著だろう
実際は会っていないのに会っている
それはよくよく考えると不思議な話。
目の前に人はいないのに会っている感じ
それが仮想現実と言われる由縁だろう
SF風に言うのなら
インターネットに接続してチャットルームに入室したり
オンラインゲームにログインしたとき
精神は肉体を離れて仮想現実にダイブする そんな感じだろう
そのとき、自分は何者でもない不定形な存在になって
自分でいることも 違う自分に変身することだってできる
そんな不思議な感覚。

そのせいで自分がすごく大きくなったと感じるのか
はたまた、相手から自分が見えないからなのか
ネットではよく他人を誹謗中傷する人をよく見かける。

それはとっても悲しいこと。
言葉の暴力は体ではなくココロを傷つけるから。
殴られたって蹴られたって 体に付いたケガやアザは目に見えるし
自然にある程度体が自己治癒してくれる。
だけど、ココロの傷は目に見えないし、簡単には治らない。
それに薬をつけることすらできない。

なにより難しいのは
 言葉は武器や凶器ではないってこと

銃や爆弾のような殺傷能力も
核やミサイルのような破壊力もない

だけれど 言葉は時折しかし確実に人のココロを傷つける
だけれど 言葉は時折しかし確実に人のココロを救う

仮想現実という世界が身近になって
人は多くの情報とコミュニケーションの手段を得た
それに加え、多くの人に言葉による暴力を与える手段を得た

実際に会うことはないかもしれないし
実際には会っていない
だけれど
ディスプレイの反対側には
ネットを通じたその先には生身の人間がいることは
忘れちゃいけないんだ。
Comment
Trackback













管理者にだけ表示を許可する

Comment form

openclose

カテゴリ一覧

そま宗助

  • Author:そま宗助
  • タイ生まれのちょっと変な?日本人。
    農学博士の父とブラジル日系1世の母の間に生まれたため、普通の日本人とはちょっと違う視点で世界を見つめる男。

    最近、勉強会やカンファレンスにちょいちょい顔出ししてます。

    読書週間継続中?

    ストレングスファインダー
    1.収集心
    2.学習欲
    3.共感性
    4.指令性
    5.運命思考
プロフィール

※注意書き※
当ブログに掲載されているJavaScriptの動作確認はFirefoxでのみ行っております。他ブラウザでの動作に関しては保障できませんのでご注意ください。






1キロバイトの素材屋さん
フリーエリア
FC2カウンター

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。