上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Firefoxを3.5から3.6にアップグレードしたのですが、概ね快調に動いております。
非常に些細な点を除いては… 3.5のときにはなかったのですが、Web Developerの「要素の情報を表示する」のショートカットキーが「フルスクリーン」と衝突しています。いつものようにWebページの要素解析しようとCommand(WindowsではCtrl)+Shift+Fを押すとFirefox(3.6)がフルスクリーン表示なってしまう始末

なので、その衝突を避けるためにWeb Developerのショートカットキー設定を変更しようとしたのですが、なかなか良いキーが空いていない。

さて、どうしたものか。

スポンサーサイト
窓の杜 - 【NEWS】「Thunderbird 3」のタブとして表示できるようになった「Lightning」v1.0 beta1
Mozilla Calendar Projectは12日、メールソフト「Thunderbird」にスケジューラー機能を追加できる拡張機能「Lightning」の最新ベータ版となるv1.0 beta1を公開した。最新版の主な変更点は、「Thunderbird」v3.0に対応し、カレンダーやToDoをタブとして表示できるようになったこと。なお、単体で「Lightning」と同等の機能を利用できるスケジューラー「Sunbird」は更新されていない模様。

以前の記事で対応していないと書いていたLightningが暫定的にですがThunderbird3に対応しました。まだ不安定だという声も聞きますが使えるようになっただけでもすごくありがたいです。ちなみにインストールするためにはLightning公式サイトからではなくThunderbirdのアドオンサイトからダウンロードする必要があります。
Lightning 1.0b1:: Add-ons for Thunderbird

なお、LightningにGoogleカレンダーと連携させるために使うProvider for Google Calendarも同時に更新されているので一緒にインストールすると便利です。
Provider for Google Calendar :: Add-ons for Thunderbird


窓の杜 - 【REVIEW】Thunderbirdでメールのやり取りをGmail風に一覧表示「GMail Conversation View」
 「GMail Conversation View」は、メールのやり取りをGmail風にスレッドとして一覧表示できる「Thunderbird」用の拡張機能。

Gmailではメールがスレッド形式で時系列につながっている状態で表示されるのですが、それが非常に便利なのでなかなか手放せなかったのですが、それっぽく表示できるアドオンです。これを使うと見ているのと関連したメールが簡単に見られるので非常に楽です。

GMail Conversation View :: Add-ons for Thunderbird


最近、クラスメイトに「なんでそんなにはてブのエントリ数多いの?」と聞かれることがあったので自分がどういう経路で はてブにエントリを追加するのかをちょっとまとめてみようと思います。

1.まずはRSSリーダーでエントリ巡回

2年前から始めたRSSリーダー(LivedoorReader)を使っての情報収集が基本的な情報源です。現在、登録されている趣味のものを含めて188件。ニュース系サイトの影響でだいたい500~700エントリ/日を流し読みします。あくまでこの最初の巡回は「ピックアップ」が目的なので最初は流し読みするのがポイントです。さすがにこの数を1つ1つ熟読していると時間がかかりますから、タイトルや要約などを読んで気になったエントリにピン打ちしていきます。


2.ピン打ちしたエントリの元記事を読む

次にピン打ちしたエントリの元記事をポップアップ機能を使って5つずつ読んでいきます。このときも熟読ではなく ざっと読み、最初のほうで「これは気になるぞ」という感覚がしたら熟読します。ピン打ちした記事というのは日によって変わりますが、基本的に追加されたエントリ数の1/10になるので最初のピックアップよりも時間をかけられます。5つずつというは特に自分で決めた数字ではなくLivedoorReaderの初期設定です。ネット回線に余裕がある人はもう少し増やしたほうが作業効率があがるかもしれません。


3.「これは!」と思ったエントリをはてブに登録する

そして、特に「これは!」と思ったページは はてブへ登録します。この際、はてブへ登録するときのポイントは先に登録しようとする情報のジャンルを決めておくことがポイントです。ただなんとなく登録していくと はてブの内容が雑多なものになり後々使いにくくなってしまうからです。自分の場合は はてブに登録する情報というのは基本的に「あとでも参考になる情報」がメインなのでTipsやチュートリアル、テクニック系の情報が多く、参考したいデザインや気に入ったデザインのページを登録することが多いですね。


使っているブラウザ(Firefox)とアドオン

さて、手順についてザクっと書きましたが使っているブラウザとアドオンについても書いておきます。というのも、おそらく自分がやっている方法はFirefoxとアドオンがあってこそ成立している面があるからです。まずは一覧。


では、1つずつ解説していきましょう
ただし、LivedoorReaderとはてブ(はてなブックマーク)については割愛します。

Firefox
今メインで使っているWebブラウザです。気に入ったアドオン(拡張機能)をインストールすることによって自分好みの環境が構築できるので愛用しています。

はてなブックマークFirefox拡張
Firefoxではてブを使う際に便利な機能を追加してくれる はてな公式のアドオンです。これをインストールすることによって毎回はてブのページを開くことなくエントリ追加できます。また、エントリを参照したいときもページを開くことなく参照可能なので非常に便利です。

Tab Mix Plus
これは必須じゃないかもしれませんがあったほうがいいと思うアドオンです。ポップアップを新しいタブで開くようにする為に必要です。実際はインストールしなくてもFirefoxでポップアップを新しいタブで開くことが可能かもしれませんが、インストールすると確実に新しいタブで開くことができるようになります。

いかがだったでしょうか。これはあくまで今の自分がやっている手法ですが、少しでも役立つようであれば幸いです。

今回は前回書いたソースを元にjQueryの書き方の基礎を解説していきます。
さて、前回のソースにおいてjQueryにあたるのは下記の3行です。

$(function(){
        $("p").text("Hello,World");
    });

実際にテキストを表示する動作をしているのは下記の部分です。
まずはここから解説していきましょう。

$("p").text("Hello,World");

1.セレクタ

jQueryにはCSSと同様にセレクタという概念があります。
書き方がCSSのセレクタと非常に似ているので理解しているのであればすぐに書き方がわかると思います。

まず、基本的な書き方は3つです。

  • $(" #id名 ")
  • $(" .class名 ")
  • $(" タグ名 ")

それぞれ、#idでは指定したidが設定されている要素、 .classでは指定したclassが設定されている要素、 タグ名では指定したタグの要素へとアクセスすることができます。今回は $("p") となっているので、<p>タグへのアクセスとなります。

2.メソッド

jQueryでは基本的にセレクタで要素にアクセスし、メソッドを使って処理を行います。
今回は .text("Hello, World") がメソッドの部分になります。

textメソッド : text(val)
対象となる要素にテキストを設定します。

対象は前に書かれたセレクタに対応する要素です。なので、$("p").text("Hello,World"); というのは <p>タグ全てに"Hello, World"のテキストを設定する という動作になります。実際に、前回のHTMLソースでは <p>タグ内には何も書いていなかったはずなのにブラウザで読み込んだときには Hello,World というテキストが設定されていたのがわかると思います。

次に全体を括っている$(function(){ })について解説します。
これはページが読み込まれたときに実行するというメソッドで、古い書き方では$(document).ready(function(){ })となるそうです。動作としてはHTMLタグにonloadプロパティでJavaScriptを指定したときに同じ動作になります。つまり、$(function(){ })の内部に処理を書くとページが読み込まれたときにその処理が実行されることになります。

以上を踏まえた上で、前回のソース全体を見直してみましょう。

$(function(){
        $("p").text("Hello,World");
    });
いかがでしょうか。「ドキュメントが読み込まれたら、<p>タグ全てに"Hello,World"というテキストを設定する」というのが読み取れますでしょうか?

今回はここまでです。次回はセレクタにおけるフィルタについて勉強します。というのもjQueryのセレクタは非常に強力でフィルタを組み合わせることによってスマートに対象の要素にアクセスできるからです。

では、また次回。

openclose

カテゴリ一覧

そま宗助

  • Author:そま宗助
  • タイ生まれのちょっと変な?日本人。
    農学博士の父とブラジル日系1世の母の間に生まれたため、普通の日本人とはちょっと違う視点で世界を見つめる男。

    最近、勉強会やカンファレンスにちょいちょい顔出ししてます。

    読書週間継続中?

    ストレングスファインダー
    1.収集心
    2.学習欲
    3.共感性
    4.指令性
    5.運命思考
プロフィール

※注意書き※
当ブログに掲載されているJavaScriptの動作確認はFirefoxでのみ行っております。他ブラウザでの動作に関しては保障できませんのでご注意ください。






1キロバイトの素材屋さん
フリーエリア
FC2カウンター

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。